肩こり解消に効くトラックボールマウスをレビュー

肩こりに効くトラックボールマウス

最近、本気で肩こり解消に取り組んできた結果、かなり改善されてきた。

肩こりがきつくてやる気が出なかったり、偏頭痛に悩まされる日も極端に減った為、仕事の効率も格段に上がったと思う。

少し前まで、パソコンの前に座った瞬間から肩こりだったのが嘘みたい。

とは言え、まだ若干のしこりは残っているのでなんなら完全に直してしまいたいところ。

肩こりは様々な要因が積み重なって起こる事が多く、一つの要因を解消しても全体的にみると改善された感じはしませんが、2、3個解消していくうちに、一気に良くなってきます。

ということで、まだ残っているであろう要因探しの一つとして、「トラックボールマウス」を使ってみることにしました。

にしても、トラックボールマウスも安くなりましたね~

昔は今の倍以上の値段してた気がするんですが・・・

M570T ロジクール 2.4GHzワイヤレス トラックボールマウス
最安値・レビューをチェック

このトラックボールマウスは普通のマウスとは違い、パソコンの画面のカーソルを操作する際、マウス自体を動かす必要はありません。

マウスについているボールを親指でクルクルと回すだけでカーソルが操作できます。

これにより、手首への負担が軽くなり、連動して肩への負担も軽くなります。

ちなみに、マウスの使いすぎからくる手首の疲労や肩こりに悩む人は多く、最近では、「マウス症候群」とも呼ぶそうです。

さて、このトラックボールマウスを使い始めて、今日で2ヶ月が経ちました。

果たして、肩こりが改善されたかと言うと … 「若干、良くなったかな?」という程度です。

ただ、レビューなんかを見てると劇的に肩こりが改善したという人もいるので、試してみる価値は十分にあると思います。

ところが、購入前に覚悟しておいて欲しいのが操作の難しさです。

ボールを動かす操作が非常に繊細で、使い始めはなかなか思い通りにならない。

例えば、1px単位のデザインするをする際や細かい作業の際は、意図する範囲を超えてカーソルが動いてしまいイライラします。

逆に、ワイドディスプレイを使用していて、カーソルを移動させる距離が長い場合などは、端から端まで一気に「ぴゅーん」とカーソル飛ばすことが出来るので、作業スピードも上がるし、非常に気持ちが良いです。

あと、このトラックボールマウスだと右利き用に作られているようで、左手では操作しにくい。

僕は昼休みは歯磨きしながらネット見るのが習慣なんですが、これに変えてからは歯磨きしながらネットはできなくなりました。

左手で歯磨きできる器用さは無いので…

ただ、これらは慣れるまで大変と言うだけであって、今ではもう普通のマウスには戻れません。

作業スピードが格段に上がる為、総合的に評価すると、断然トラックボールの方が上です。

ディアルディスプレイでプログラミングやWEBデザインする人には、最適のマウスになると思いますよ。

この記事のURLをコピー

関連情報

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。