JINS PCのメガネを使うと逆に目が疲れる

JINS-PC

パソコンから発せられるブルーライトを遮断して目の疲れを防ぐという「JINSのPCメガネ」

これ使ってみたけど、逆に目が疲れる。

しかも、もの数分で・・・

購入したのは、ブルーカット率が50%、可視光線透過率が85%と若干、レンズを通したときの風景が暗くなる「ハイコントラスト」タイプの度なしPCメガネ。

たぶんこのチョイスがいけなかった。

僕は元々、目が悪い(両目合わせて1.0ない位)。

車を運転するときは必ずメガネを掛けるのだが、プライベートやパソコンを使うときには特に不便を感じていないため、メガネは使用してません。

だから、今回、度なしタイプのPCメガネを買ったわけなんだけれども・・・

このPCメガネを掛けると、若干、黄色がかって視野が悪くなる。

おそらく、それと視力の低さが重なって、逆に目の負担になってしまっているのではないか思う。

ブルーライトだけが原因で目の負担になっている人に良いのかもしれないが、目が悪い人は、度つきのレンズを入れるを買うとか、可視光線透過率の高い「クリアレンズタイプ」を買うとかした方が良さそうです。

この記事のURLをコピー

関連情報

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。