マッサージクッションを使って、肩甲骨の内側の凝りを解消する

肩甲骨の場所

長時間のパソコンを使ったデスクワークだと、肩甲骨の内側が非常に凝ります。

普通の肩こりとは違うようで、ネット上によくある「肩こりを解消するストレッチ」等ではあまり効果がある感じはしませんでした。

また、マッサージ機などによるほぐしも、微妙に位置が違っていたり、揉みが強すぎて痛かったりと、なかなか満足する解消法がありません。

ところが、この前、自宅にあるルルドのマッサージクッションをなんとなーく上下を逆にして背中に当ててみたんです。

マッサージクッションを回転させる

すると、

めちゃくちゃ気持ち良い。

ルルド マッサージクッション
最安値・レビューをチェック

普通の使いかたでマッサージクッションを背中に当てると、外側から内側へローラーが回りこむ感じなんですが、逆にすると、うま~く肩甲骨の内側から外側へ凝りを送り出すように揉みほぐしてくれます。

あまりにも気持よすぎて、気がついたらソファーの上で熟睡・・・

なんてことが頻発してしまいましたので、最近は眠る15分前に使うようにしています。

この記事のURLをコピー

関連情報

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。