自分で出来る!アルミブラインドの幅詰め

アルミブラインドの幅詰め

新居に越して、窓枠の幅が以前の部屋よりも狭いことが判明。

そのまま取り付けてみるも、レールよりびよーんとはみ出ていて、格好悪い。

「買い直さないと駄目かなー」と思って、サイズが合うものを探していると、”幅詰め承ります” という文章を発見。

規格に合わない場合は、調整できるとの事。

あ、そっか!じぶんでやればいいのか!

ということで、今あるアルミブラインドを自分で幅詰めしてみました。

所要時間は、1時間30分くらい。

参考にしたのは、ブラインドメーカーの資料。 ※注意PDF
http://www.nichi-bei.co.jp/jsp/repair/manual/01/01.pdf

【準備するもの】
・ ブラインド
・ メジャー (定規)
・ はさみ
・ ビニールテープ or ガムテープ
・ サインペン
・ のこぎり
・ コーナーカッター

1.傷つけないようにマスキング

まずは、上下のレールの端に付いているキャップを外します。

次に、ガムテープでも、ビニールテープでも何でもいいので、切り目を入れる箇所に張っておくと、余計な傷を付けなくて済みます。

アルミブラインドにマスキング

2.金鋸(金切りノコ)で不要レール部分をカットする

一般家庭にはあまりない工具かもしれません。

金属とかアルミをカットする専用ののこぎりが必要です。

私が使ったのは、これ↓

神沢鉄工 ハンディソー K-402 刃渡り250mm
最安値・レビューをチェック

ホームセンターとかで売ってる格安の金鋸は、歯が悪くて、上手く切れなかったり、すぐ折れたりするので注意が必要です。

金鋸で不要部分を切り落とす

3.カットする長さでスラットに目印をつける

マジックで、スーッと直線を引いて目印を付けておきます。

スラットに目印を付ける

4.ハサミでスラットを切り取る

普通のハサミで大丈夫です。

「気をつけないと、長さにムラが出て失敗になるかもしれない!」と思うかもしれませんが、意外と大丈夫です。

結構、ざくざくいきましたが、そう目立ちません。

切り取ったら、レールにキャップを取り付けます。

スラットをカットする

5.スラットの角を丸くする

手持ちのブラインド見ていただくと分かると思うのですが、スラットの角は丸く加工してあります。

丸めましょう。

スラットの角を丸める

使うのは、これ↓

サンスター文具 コーナーカッター 「かどまる3」
最安値・レビューをチェック

こんな感じで、綺麗に角を丸くカットすることが出来ます。

かどまるで角を丸くカットする

かどまる レール下部をカット

かどまる レール上部をカット

全部のスラットをカットしたら、完成です。

この記事のURLをコピー

関連情報

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。