ハンズマン「ガラクタ市」にはじめて行くときの心得!激安だけど、めっちゃ混む

ハンズマン「ガラクタ市」

処分品が10円~!?

色んなものが”激安”で買えるハンズマンのガラクタ市。

春と秋、年2回開催されますが、秋のガラクタ市が昨日より始まってました。

ハンズマンのガラクタ市 2019年10月17日~10月22日まで開催中

ところが、年々来客数が増えてることもあって、色々と大変なこともあるんです。

そこで今回は「ハンズマンのガラクタ市へはじめて行く人」に向けて、知っておきたい3つの心得を紹介したいと思います。

1.駐車場がめっちゃ混む

車が一杯で渋滞中のハンズマンの駐車場

実は僕、昨日もガラクタ市に行ったんです。

しかし、お店の中には入れませんでした。

駐車場が込みすぎてて、車が止めれないんです。

駐車場エリアに入るまでに、10分ぐらいの渋滞待ち。

さらに駐車場エリアに入ってからも、空きスペースを探して、敷地内をグルグルと何周もしなくてはいけません。

ハンズマンの駐車場は広く、割とお店から出てくる人も多いので、待ってれば空きはできるのですが、奪い合いが凄いんですよね。

ちょっとでも車を出しそうな人がいたら、みんな車をピタっと寄せて、ハザードランプを付けてアピールしてくる。

「ここ、俺が止めるから」

みたいなオーラ全開です。

なんだか、そんな争いするのが嫌で、この日は諦めてしまいました。

ガラクタ市の初日とはいえ、平日ですからね。

土日はもっと凄いので、覚悟の上で臨んでください。

二日目となる今日は渋滞するほどではなかったですが、それでも駐車場は満杯です。

今日は駐車場エリアに入った瞬間、たまたまタイミングよく空きが出たので、運よく車を停めることができました。

2.レジがめっちゃ混む

混んでるハンズマンのレジ付近

ハンズマンのレジの遅さは、かなり上級クラスの遅さだと思ってます。

セルフレジでもなく、昔ながらのレジですからね。

しかも、バーコードを読まずに、値札を見て値段をレジで手打ちすることがあるんですよ(理由は分からない)

いつもハンズマンで買い物するとき、「レジ、おっせぇなぁ・・・」って思ってしまいます。

当然、ガラクタ市のときのレジは大行列です。

だいたい30分ぐらい掛かると思っておくといいです。

3.当り外れがめっちゃある

ハンズマンのガラクタ市の商品

「ガラクタ市」という名の通り、めちゃくちゃガラクタが多いです。

だから、”激安”という言葉に惹かれて、ガラクタ市に行ってしまうと、今日の僕みたいにわざわざ苦労して行ったのに、何も買わずにお店を出るなんてことになってしまいます。

あくまで、しょうもないものが在庫処分で安く売ってるだけ。

「何かあったらラッキー」ぐらいに思ってましょう。

当たりの日は色々買うものがあるのですが、外れの日は本当何もない。

ちなみに、商品は毎日追加されます。

開店と同時の朝一が品揃えは多いですが、日中も不定期なタイミングで、段ボールを抱えた店員さんがドバっと商品を追加してくれますよ。

ガラクタ市に行った人たちのツイート紹介

今回、僕は何も買わなかったので紹介するものがないのですが、代わりにガラクタ市に行った人たちのツイートを紹介しておきます。

この記事のURLをコピー

関連情報

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。