Windows7-XPネットワーク間のファイルコピーが異常に遅い件

Windows7とWindows XP

XPの旧パソコンから、Windows7の新パソコンへネットワークを介してデータ移植作業を行おうとしたのだが、ファイルコピーが異常に遅いし、エラーも頻発する。

色々と設定いじってみるが、うまくいかない。

こうなると、ネットワーク機器に要因がある可能性もあるし、原因特定するまでにそれなりの時間を要する。

そう思っていたら、ふと目に付いた「USBメモリ」。

最初からこれを使えばよかったのだが、まったく思いつかなかった。

早速、USBメモリーを差して使ってみたところ、

あっさりとうまくいった。

持ってて良かった大容量USBメモリー。

少し前までは、「IPアドレス固定してクロスケーブルで繋いで直で通信」なんて方法が主流だったけども、Windows7はセキュリティ高くて、違うOSから共有フォルダにもすんなりと入れないし、手軽にパパパッと移動できるUSBメモリ本当に便利。

現代のIT技術に感謝です。

この記事のURLをコピー

関連情報

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。