【Adobe Premiere Pro】 動画サイズの変更・切り取り

この記事のポイント

動画のサイズと動画の背景サイズ、2つの変更が必要です。

手順

Adobe Premiere Proで動画の不要な部分を切り取り、動画サイズを変更する手順です。

1.クロップ(切り取りツール)を選択

『クロップ』を選択

左下にあるメニューから、[エフェクト]-[トランスフォーム]-[クロップ]を選択し、映像のタイムラインにドラッグ&ドロップ。

2.エフェクトコントロールを選択

エフェクトコントロールを選択

左上メニューのパネルから、[エフェクトコントール]を選択。

3.切り取る画像サイズの指定

指定した分だけ動画のサイズが変更される

上下左右、指定したサイズ分だけ動画のサイズを小さくすることができます。切り抜いて何も映ってない黒い部分は、動画を出力(保存)する際に除去します。

4.動画の出力

出力動画サイズの変更

書き出すときに、タブを[出力]から[ソース]に切り替えます。マウスで動画を縮小して、黒い部分が入り込まない様に動画サイズを変更してください。

この記事のURLをコピー

関連情報

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。