画質の暗い動画をwindowsムービーメーカーで明るく加工・編集する

window_movie_maker
この記事のポイント

Windows標準搭載されているムービーメーカーで簡単動画加工!

youtubeにアップしようと思って撮影した動画があまりにも暗かったので、明るくできる編集ソフトを探しました。

ただ、youtube画質用なので、画質のキレイさよりも手軽に編集できるもの。

で、見つけたのが「windowsムービーメーカー」。

おそらく、OSがwindowsのパソコンなら標準で搭載されているソフトだと思います。

[すべてのプログラム] – [アクセサリ] 内にあります。

 

【使い方】

(1)windowsムービーメーカを起動。

(2)[ファイル] – [コレクションの読み込み] で、編集したい動画を選択します。

(3)左側に出てきた動画のクリップを、下の方にあるストーリーボードにドラッグ&ドロップして下さい。

(4)ストーリボードに移動した動画の上で、右クリック。

(5)[ビデオの特殊効果] – [輝度] を追加して、[OK] を押してください。

(6)[ファイル] – [ムービーファイルの保存] – [次へ] – [次へ] – [次へ] で、完了です。

(7)[マイドキュメント] – [マイビデオ] に保存されています。

この記事のURLをコピー

関連情報

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。