宮崎の街中にできた場外競艇場ミニボートピアに行ってみた

宮崎の場外競艇場(ミニボートピア)の中の様子
先月(2014/11)にオープンした「宮崎ミニボートピア」にやってきました。
まさか、こんな街のド真ん中にできるとは…
駅からでも中心部からでも、徒歩5分ぐらいで行けます。

ミニボートピア宮崎

平日の真っ昼間にも関わらず、結構賑わってます。
今日は、「第29回 賞金王決定戦(平和島)」の初日ですからね。
その影響かも。

このボートピア、ビル内に設けられているタイプで、
一階が受付(お菓子など売ってたり、出走表を配っていたり)、
二階・三階が無料席、四階が有料席になっています。

三階には、喫煙ルームが備え付けられているので、
たばこを吸う人は自然と三階に集中する感じ。
部屋の中は、タバコ臭いです。
たばこを吸わない人は、二階がオススメ。

また、日向のボートピアにあるような有料VIP席があります。
日向より、少しリッチな雰囲気。
このVIP席は、カラオケの個室のような2~3人用の部屋です。
部屋によって値段は違いますが、
2,500円~3,500円で終日借りることができます。

二階・三階の無料席は、最初入った時「狭ッ!」と思いましたが、
壁際にモニターがたくさん付いており、
周りを見渡せば、他のレースの結果や状況が一気に見れるので、
意外と使い勝手が良かったです。

あとは駐車場ですよねぇ…
駐車場自体はたくさんありますが、
ボートピア利用者は無料にしてくれ!と思っちゃいます。
60分100円、最大で500円のところもあるし、
駐車料金は入場料と思って割り切るしか無いかな。

おっと!そろそろ今日のメインレース
「賞金王決定戦トライアル」が始まりそうです。

この記事のURLをコピー

関連情報

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。