GMOの評判で躊躇してしまうValueDomainのレジストラ移管

valuedomainのGMOレジストラ移管キャンペーン

ValueDomainにて、期限切れ目前のドメインを更新しようとしたら、930円 → 1,155円と「235円」も値上りしていた。

ただし、今ならキャンペーンとして対象レジストラでの移管を行えば「830円」という格安で更新ができる・・・と。

しかし、その対象レジストラというのは、「GMO」である。

そっか、valuedomainはGMO傘下になったんだった。

じゃ、このキャンペーンは、海外レジストラ(KeySystems/eNom)でドメインを保有しているユーザーをGMOに取り込み、GMOのドメイン販売利益を上げる為の戦略というわけだ。

たしかに、こちら側としても、「安い」ということはメリットだけど、やはり、「GMO」というネームが付いているだけで少し躊躇してしまう。

GMOのサービスを利用するのに躊躇する理由

例えば、interQ(インターキュー)の件。

GMO提供のプロバイダであるが、このサービスは、解約する際、ネット上で解約手続きができないのだ。

わざわざ電話で問い合わせする必要がある。

すると今度は、窓口のスタッフに「何がいけないのか?」等を聞かれ、説得され、それを退けて、やっと解約書類の手続きを指示してくれる。

あからさまに解約を面倒にして、億劫にさせようとするのがみえみえ。

だって、「解約手続き」のページがコレ↓ですよ。

プロバイダー|interQ MEMBERS|契約解除をご希望のお客様へ

他にも最低利用期間を過ぎていないと解約できないとか・・・こういう悪どさが嫌い。

また、営業電話が頻繁で非常にうざい。

以前、勤めていた会社でネットショップシステムの「カラーミーショップ」を利用していたのだが、月二回ぐらいのペースで「SEOしませんか?」「もっと売上上げる方法ありますよ」といった営業電話が掛かってくる。

カラーミーショップにショップに預けた個人情報をなぜ、GMOが営業かけるための情報として使うのか?

それも許せない。

こういう悪評が立って、GMOを嫌いなITユーザーがたくさんいるのです。

GMOに移管することは悪いこと?

現状でGMOのドメイン品質やサービスの質が悪いわけではないし、移管して不便になるようなことは何も起きないので、このキャンペーンを利用することは悪いことではないと思う。

ただ、僕は今回このキャンペーンを利用せず、海外レジストラのままの高い料金で更新を行いました。

その理由は、GMOの評判がどうこうがメインではなく、変えることが怖いから。

現状、何の問題もなく動いているものを200円をケチって壊したくない。

まーただの心配性ですよ。

この記事のURLをコピー
【プロ監修】バリュードメイン入門サイト | 俺のレンタルサーバー 【プロ監修】バリュードメイン入門サイト | 俺のレンタルサーバー
コアサーバー・バリューサーバー・XREA向け情報サイト作りました。 サーバー契約からドメイン登録の手順、SSL化の方法など。

関連情報

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。