エアコンの冷風を隣部屋に送る為、サーキュレーターを購入!

サーキュレーターで隣の部屋に送風

サーキュレーター(アイリスオーヤマ サーキュレーター END-20)を買いました。

リビングから、パソコンを置いてあって熱が篭りやすい隣部屋にエアコンの冷風を送るのが目的です。

今までは扇風機を使っていましたが、パワーを最大にしないと隣部屋まで届かないし、そうるすと扇風機の音がうるさくて、テレビの音が聞こえづらくなるんです。

そこで、購入に踏み切ったサーキュレーターですが、大正解でした!

観葉植物とサーキュレーター

サーキュレーターは、的を絞って効率的に送風できます。

例えば、扇風機を人の顔に向けると、顔を中心として体全体にも風が当たるんですが、サーキュレーターの場合は、ほぼ顔だけに風のかたまりが飛んできます。

ですから、より少ないパワーで扇風機並の送風ができるので、静音性に優れています。

実際、扇風機とサーキュレーターを同じくらいの風量に設定した場合、体感でサーキュレーターの方が2倍ぐらい静かでした。

ちなみに、送風できる風量は扇風機と大差ありませんので、風量が強くなるのを期待してサーキュレーターを購入しようと考えている人は止めておいた方が良いです。

扇風機とサーキュレーター

あとは、デザイン面。

扇風機は背が高くてインテリアとしての見栄えも非常に悪い。

その点、サーキュレーターは背が低くて小さく、形もシンプルなので、部屋の景観を崩しません。
これも僕にとっては重要なポイントでした。

僕の部屋は、リビング(7畳)、パソコンが置いてある隣部屋(7畳)でしたので、14畳まで対応、静音タイプの↑サーキュレーターを購入しました。

この記事のURLをコピー

関連情報

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。