スマホ(Android・iphone)を使い、車内でFC2動画を楽しむ手順

スマホを使って車でFC2動画

地デジ化に伴い、僕の車ではテレビが見れなくなりました。

車載用地デジチューナーは高いし、取り付けも面倒…

そこで、「スマホを使ってFC2動画を見ればいいじゃないか!」と、思い立ったのが始まりです。

結果うまくいきましたので、記録として残しておきます。

1.車にスマホを固定するホルダーを取り付ける

車載ホルダーは色々な種類がありましたが、「スマホ」という事で、取り外しが簡単なことを最優先で選び、コレ↓を購入しました。

真空吸盤で車のダッシュボードに 直接取り付けられるスマホ車載ホルダー
真空吸盤で車のダッシュボードに 直接取り付けられるスマホ車載ホルダー
最安値・レビューをチェック

クリップのように挟むだけでOK! 取り付け吸盤の接着力の強さについても、 レビューで評判が良かったのが決め手になりました。 実際、僕の場合は横向きに付けてますが、 今のところ外れたことはありません。 接着面を綺麗に拭き取って、 吸盤部分を唾などで濡らし少し水分で湿らせた状態で、 取り付けると、更に接着力が増します。

2.電池の切れが早いスマホを充電器でカバー

スマホの最大の欠点、バッテリーの短さ。 しかも、動画をずっと再生なんかしてたら、すぐに切れてしまいますので、 動画を再生させている間は、常に充電しておくと良いです。


microUSBケーブル 巻取りケーブル
最安値・レビューをチェック

フロント部分がゴチャゴチャするのが嫌いなので、 シガーソケットからはみ出ないチャージャーと、 巻取式のケーブルということで、これに決めました。 狙い通り、すっきり収めることが出来ました。 コンパクトに収まってケーブルが邪魔になることもありません。

3.FMトランスミッターで快適な音空間

スマホだけだと大した音量は出ない為、 エアコンを付ける今の時期や、スピードを出す高速道路などでは、 動画の音が聞こえづらい場合があります。 オーディオ・カーナビがBluetoothを搭載している場合は、 ペアリングで簡単に音を車のスピーカーから鳴らすことが出来ますが、 Bluetoothが搭載されていない場合は、FMトランスミッターがオススメです↓

スマホ対応FMトランスミッター
最安値・レビューをチェック

たいていのFMトランスミッターには、USB充電器が付いているので、これを使う場合は、[2]の充電器は不要です。

4.さっそくFC2動画を再生しよう

FC2動画をスマホで再生する場合には、FC2動画アプリが操作しやすくて便利です。

FC2動画アプリFC2動画アプリ(画面一番下の「アプリダウンロード」をクリック)

さっそく、FC2動画にログインして再生してみたのですが、ある一定の場所に停車している場合はスムーズに再生されますが、移動しながらになると、途中プツンプツンと動画の再生が途切れることがあります。

少し待てばまた再生が始まるので、見れなくはないですが、若干のストレスは溜まります。

5. FC2動画をさらに快適に再生するには

スマホの通信回線ではやはり状況によっては、動画の再生がスムーズにいかない場合があります。

そこで、予め動画をダウンロードしておいてから、スマホで再生すると、快適に動画を楽しむことが出来ます。

その為の方法は3つあります。

(A) DropBoxを使ってパソコン内にダウンロードした動画データを同期してスマホに移す
(B) パソコンでダウンロードした動画データをUSBケーブルでスマホ本体にデータを移行する
(C) スマホでFC2動画を直接ダウンロードする

この中で一番おすすめの方法は(A)です。

Dropboxは、データを同期できるクラウドサービスです。

簡単に言うと、自宅で使っているパソコンのデータをスマホでも扱うことが出来ます。

例えば、このDropboxを使えば、パソコンで落とした動画をパソコンの電源が入っていなくても、スマホから再生することが出来るのです。

(A)の方法は、(B)のUSBケーブルでPCのデータをスマホに移す方法に比べ、圧倒的に転送スピードが速いのです。

ですから、パソコンでデータを落とすというまでは同じですが、(B)の方法だと、スマホに移すまでに時間が多くかかってしまいます。
ちなみに、パソコンからFC2動画をダウンロードする場合には、「StreamTransport」がオススメ!

StreamTransportStreamTransport

パソコンから上記のソフトダウンロードし起動したら、上部のURLにダウンロードしたいFC2動画のURLを入力します。

すると、FC2動画のページが表示されるので、動画の再生ボタンを押せば、下の方に動画ファイルのリストが表示されます。

それを選択し、Downloadを押せばダウンロードが始まります。

ダウンロードが完了したら、保存したフォルダを開き、ファイル名「xxxx.cdn.mp4.flv」→ 「xxxx.cdn.mp4」と拡張子を変更します。

そうしないと、僕のスマホでは認識してくれませんでした。

そして、(C)のスマホから直接動画をダウンロードする場合は、前回の記事の「FC2動画をスマホ(Andoroid)でダウンロード」を御覧ください。

今のところ、僕の方では長時間のFC2動画を一括でダウンロードできるアプリは見つかっていません。

5分程度に分割された動画データをわざわざダウンロードする方法しかないので、スマホから動画をダウンロードするには、少し面倒です。

よって、(A)のDropBoxを使ってパソコン内にダウンロードした動画データを同期してスマホに移す方法が今の所、最もFC2動画を快適に再生できます。

まずは、DropBoxをインストールしたら、ログインして、指定したパソコンのフォルダに「StreamTransport」を使い動画をダウンロードします。

スマホ側でもDropBoxのアプリをダウンロードします。

DropBox(andoroid用)
DropBox(iphone用)

スマホ側でも、パソコンで登録したのと同じIDでログインし、動画ファイルを入れたフォルダにアクセスし、目的の動画ファイルを見つけたら、「★お気に入り」に登録して下さい。

お気に入りに登録しないと、スマホ内にダウンロードされた事にはなっていません。

あとは、ダウンロードが完了するのを待つだけです。

ダウンロードが終わったら、車にスマホを持ち込んで、DropBoxを開き、目的の動画を選択すれば、もう途中で止まったりすることありません。

ちなみに、FC2動画の有料会員になっておくと、高画質・長時間の動画もスムーズにダウンロードすることが出来ます。

この記事のURLをコピー

関連情報

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。