スマホのWi-Fiが勝手にオフになる問題(Android)

スマホのWi-Fiがオフ
この記事のポイント

バッテリーが少なくなってくると、「Wi-Fiをオフにして電池の節約モードにするか?」と聞いてきます。英語の警告、しっかり読んでいますか?

最近、スマホのWi-Fiが勝手にオフになっている事があった。

何度『ON』にしても、気付くとまた『OFF』になってしまっている…

これでは、家にいるときもパケット通信が行われてしまう為、あっという間に通信制限に引っ掛かってしまう。

原因は、こいつでした↓

バッテリー残量が少ない

充電が少なくなってくると表示されます。

内容を翻訳すると、こんな感じ↓


Battery level at 19%

電池残量は、あと19%です。

Conserve your battery by taking these steps

次の手順を実行し、バッテリーを節約してください

SCREEN BRIGHTNESS(Recommended -10%)

画面の明るさを-10%にすることを推奨します

NETWORK ACTIVITY
Wi-Fi Recommended off
ネットワーク活動 Wi-Fiをオフすることを推奨します Dismiss 閉じる Ok,Do all 全て実行

この画面が表示されている間は何も操作ができない為、適当に『Dismiss』や『Ok,Do all』を押して、その場をしのいでいたのがマズかった。

『Ok,Do all』を選ぶと、『ネットワークWi-Fiをオフ』つまり、『Wi-Fi』を切ってしまうことになります。

ちゃんと読まないとダメですね…

そもそもこのバッテリー表示自体が不要なんですが、いつの日か表示されるようになっていたんです。

バッテリー残量表示画面を消す方法

『Peel Smart Remote』もしくは『Peel Remote』どちらのアプリがインストールされているので、それを無効にしてください。

1.ホーム画面の左下にあるアイコンを選択します

ホーム左下にあるアイコンを指さす画像

2.右上のアイコンを選択します

右上あるアイコンを指さす画像

3.『本体設定』を選択します

『本体設定』を指さす画像

4.上部のメニューをスライドして『アプリケーション』まで移動、『アプリケーション管理』を選択します

『アプリケーション管理』を指さす画像

5.『Peel Smart Remote』もしくは『Peel Remote』を選択

『Peel Smart Remote』を指さす画像

6.『無効』を選択

『無効』を指さす画像

7.ふたたび『無効』を選択

再び『無効』を指さす画像

「ビルドインアプリ」とは、買ったときからスマホにインストールされているアプリの事です。

「無効にすると、他のアプリでエラーが発生する原因になる」と表示されているので、少し躊躇してしまいますが、特に問題ありませんでした。

これで、バッテリー残量表示画面は出なくなります。

『Peel Remote』は、元々、TVのリモコンとして扱えるようになるアプリのようだが、なぜ、バッテリー残量が表示されるのかは不明…

Peel Smart Remort – Google Play の Android アプリ

ちなみにスマホの機種は、『Galaxy S5 ACTIVE(SC-02G) SAMUNG』。

Androidのバージョンは、『6.0.1』です。

この記事のURLをコピー

関連情報

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。