バリバリに割れたバロンのアームレスト(肘パッド)の修理・交換方法

愛用のオフィスチェア『バロン』のアームレストがバリバリに割れてしまいました。

最初は、ちょっと欠けてるだけだったので、黒いビニールテープで隠していたのですが、もう限界です。

バリバリに割れたバロンのアームレスト(肘パッド)

オカムラのサポートでパーツ単体の注文ができる

「表面だけパテ塗って、塗装すれば修理できるかな~」と考えていたところ、オカムラのサポートセンターでパーツ単体が格安で販売されているのを発見。

バロンチェア・ゼファーチェア共通、アジャストアーム肘パッド(左用) - 株式会社オカムラ サポート&サービス

  • A14589X ネオブラック ・・・ 2,618円(税込)
  • 送料 ・・・ 990円
  • 合計:3,608円

手間を考えると、買った方があきらかに安い。

ということで、注文。

3日後に届きました。

オカムラのサポートから届いた荷物

バロン アームレストの取り外し・取り付け方法

横からマイナスドライバーを突っ込みます。

そのままテコの原理で上に持ち上げると、「カポッ」という音がします。

それがツメが外れた合図です。

アームレストに突っ込んだマイナスドライバー

ツメは全部で8箇所あるので、ツメの近くにドライバーを突っ込んで、全てのツメを外します。

バロンのアームレストのツメの位置

突っ込んだ部分に傷が入ってしまいますが、見えない部分なので問題ありません。

アームレストに入った傷

使用したドライバーは、幅3mmの小さいものです。

アームレストの取り外しに使った幅3mmの小さいドライバー

最初は真ん中のツメを外し、右回りに外していきました。

取り外した肘パッドの裏側です↓

取り外した肘パッドの裏側

剥がした肘パッドは、ツメ部分が削れてしまっていて、再利用は難しそうです。

中には、黒いポツポツや欠けた残骸みたいなゴミがたくさん溜まっていました。

アームレストの中に溜まった黒いポツポツや欠けた残骸みたいなもの

エアダスターを使って吹き飛ばします。

エアダスターでアームレスト内のごみを取り除く

エレコム ダストブロワー ECO AD-ECOMW
最安値・レビューをチェック

あとは、新品の肘パッドを取り付ければ完成です。

ツメの部分がはまりにくいので、強い力でしっかりと8箇所とも「カチッ」というまで押し込みます。

横から見て、隙間なくハマっているか確認してください。

肘パッド(アームレスト)を新品に交換修理したバロン

バロンの肘パッドの新タイプと旧タイプの違い

今回、左肘パッドだけ交換しましたが、どうやらパッドの仕様が変わったみたいです。

新タイプは、パッドがフワフワしています。

旧タイプは、中央が少しパカパカしますが、全体的に硬い感じです。

また、色も新タイプは薄めのくすんだ黒色になってます。

できれば、両方のパッドを一緒に交換した方が見栄えは良いです。

僕のバロンは、2013年11月10日に購入したものなので、それ以前にバロンを購入した方の肘パッドはおそらく旧型です。

新タイプの肘パッドは、感触的に割れにくそうです。

バロンの肘パッドの新タイプと旧タイプの違い

以上、「バリバリに割れたバロンのアームレスト(肘パッド)の修理・交換方法」でした。

この記事のURLをコピー

関連情報

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。