宮崎県在住のフリーランス。WEBサイト制作・プログラミング・パソコン周りの情報を発信します!

ウェブノコエ

メルカリ

メルカリの『値下げ交渉』で垣間見えた信用経済

投稿日:

メルカリ『新型ChromeCast』の落札画面

メルカリで値下げ交渉するなんて、

「めんどくさ!!」

と思ってたんです。

値下げをお願いしている行為がスマートでないというか・・・恥ずかしいというか・・・

でも今回、初めて『値下げ交渉』という行為をやってみて、

「いよいよお金よりも信用が重視される時代がきてるんだな」

と感じました。

メルカリで初めての値下げ交渉

新型ChromeCast

今回、メルカリで購入したのは『新型ChromeCast』

AbemaTVとかYouTubeをテレビで映すやつです。

メルカリって、中古の割に値段が高め。

例えば『新型ChromeCast』の場合、楽天だと4,970円で購入できるのに、メルカリだと3,500円~5,000円前後が相場です。

ほぼ新品と変わらない値段。

しかし、以前メルカリで販売したゲームソフト二本分の売上『3,530円分のポイント』が残っているので、どうにかこのポイント内で購入したいと思っていました。

ところが、3,500円での出品は非常に少ない。

出品されたとしても、ほんの数秒で売り切れてしまいます。

そんな中、4,000円での新規出品を発見!

ただし、出品者のコメントに

※プロフィール必読

の文字。

「なんだか面倒なルールが書いてそうだな・・・」と思いながら、恐る恐るプロフィールを見てみると、

購入する前に必ずコメントしてください

と書いてありました。

「やっぱりな」と一瞬思ったんですが、もう一つ気になる文章が。

他にも出品してます。メルカリが一番高いです。

つまり、他のサイトでも販売してるけど、メルカリが一番価格を高くしてると。

試しにラクマを見てみたら、同じ商品が3,500円で出品されていました。

どうやら引かれる手数料によって、値段を変えている様子。

  • メルカリ ・・・10%
  • ラクマ ・・・無料(2018年6月4日より3.5%に値上げ)

それなら、「3,500円で売ってくれるかも!」と思い、値下げ交渉をしてみました。

メルカリ『取引メッセージ』

すると、

「外箱なしならOK!」

との事。

箱なしだと送料が安くなりますからね。

すぐに了承すると、出品ページの内容が変更されました。

メルカリ『〇〇様専用』

メルカリの独自ルール、『〇〇様専用』の扱いを初めて体験しました。

『〇〇様専用』の凄さ

この『専用』って凄いと思うんです。

もし僕よりも、

「高い値段で買います!」

って人がいても、

「もう売る人が決まったんで、他の人には売らないですよ」

と宣言してるんですから。

今までの経済じゃ考えられない。

ヤフオクとは真逆。

つまり、お金も大事だけど、それよりも売る人の信用度が重視されるようになってきた。

散々言われてる「信用経済」の一例。

メルカリを始める前は、

メルカリには独特の世界観があるなぁー

と思っていましたが、違った。

今の社会の流れの縮図がここにある。

もちろん、メルカリの利用者が信用経済を理解してるとは思わない。

でも、社会の流れが確実にメルカリに反映されている。

知り合いなら安く売る?嫌いな人でも?

例えば、

知り合いだから安く売る。

っていうのは、昔からあったと思うんです。

でも、その『知り合い』っていう定義は曖昧。

  • 顔は知ってる?
  • 連絡先を知ってる?
  • 遊んだことがある?

どこから知り合いになるのだろう。

もちろん、人によって違うと思う。

だから、本当は「知り合いだから」安くしたんじゃない。

「信用できそうな人だから」安くしたんですよね。

だから正確に言い直すと、

信用できそうな人には安く売る。

ということになる。

つまり、安く買おうとするならば、信用を得られればいい。

メルカリの値下げ交渉が「成功するか?」「失敗するか?」は結局、

「この人は信用できる人だ」

と思ってもらえるかにある。

信用があれば無料になる

例えば、テレビに出てるような有名人が

「それ、無料で売って」

と言ってきたとする。

僕なら、

「ダメです」

と答えます。

でも、もしその人が好きな歌手やアイドルだったら

「全然いいですよ!」

と答えてしまうかもしれない。

極端な話、僕が信用してる人なら有名人じゃなくてもいい。

そして今、その信用を得る方法のバリエーションが増えてきた。

インターネット・SNSの波及によって・・・

顔は知らないけど、ツイッターのフォロワーさんであったり、いつも見てるユーチューバーであれば、信用してもらえるかもしれない。

それくらい「信用を得る」という事が容易。

しかしそれは、逆に危険なことでもある。

信用で値引きすることの危険性

メルカリには、平気でウソをついて値引き交渉をする悪人もいる。

例えば、

お金がなくて、子供に食べさせてあげたいから安くしてくれませんか?

のように。

これこそ、信用が容易になる事のデメリット。

「コメントだけで信用してもらえる可能性がある」

これが怖い。

だから、しっかりと見定めて、信用評価しなくてはならない。

ちなみに僕は、値下げ交渉のとき、こうコメントしました。

3,530円でしたら購入できるのですが、値引きを検討して頂けないでしょうか?

おそらく出品者には、「3,530円のメルカリポイントを持っている」という事が伝わっているはず。

あとは、ラクマで出品していた3,500円を少しとはいえ上回った値段だったのが、値下げ交渉が成功した理由だと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-メルカリ

Copyright© ウェブノコエ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.