ウェブノコエ

宮崎県在住のフリーランス。WEBサイト制作・プログラミング・パソコン周りの情報を発信します!

Custom Field Templateプラグインで複数の画像表示(シンプル版)

   

WordPressのプラグイン『Custom Field Template』において、複数の画像を表示させるシンプルな方法を紹介します。

他の方は、下記のようなmultipleオプションで複数画像に対応させていますが、それよりも複数のフィールドを用意してあげる方が表示する際にカスタムしやすいです。

multipleは使わない

テンプレートコンテンツ内に入力するコード

カスタムフィールドの入力項目を設定します。

WordPress管理画面の左メニューから、[設定]-[カスタムフィールドテンプレート]と進みます。

「テンプレートコンテンツ」のフォーム内に、以下のコードを記入してください。

「テンプレートコンテンツ」に入力するコード

コピペ用コード

画像の説明テキストは、imgタグのaltに使用します。

不要な場合は、「image〇_title」の部分は省いても構いません。

入力が終わったら、『オプションを更新する』ボタンを押してください。

[cft] and [cftsearch] Shortcode Formatに入力するコード

カスタムフィールドに入力した内容を投稿や固定ページに表示する際のカスタマイズを行います。

さきほど入力したテンプレートコンテンツと同ページ内の下の方に『[cft] and [cftsearch] Shortcode Format』というフォームがあります。

タブが細くなって隠れている場合は、クリックすると出現します。

「Shortcode Format」に入力するコード

コピペ用コード

入力が終わったら、『オプションを更新する』ボタンを押してください。

カスタムフィールドを表示させるためのコードを記載

カスタムフィールドを表示させる投稿・固定ページに、下記のコードを記載します。

[cft format=0]

カスタムフィールドの内容を入力

投稿・固定ページの下の方に、さきほど設定したカスタムフィールドを入力する画面が出来ています。

カスタムフィールドを入力する画面

必要な情報を入力して、保存。

投稿・固定ページを更新すれば、入力した内容が表示されます。

 - wordpress