賃貸アパートの部屋(洋室)の壁に付いている「板」の正体

賃貸アパートの壁の板
この記事のポイント

このままでは使えません。カモイ掛けフックを取付けて、ハンガーとして利用します。

引っ越したアパートの部屋に見慣れない木の板が壁に付いていました。

はて、これはなんだろう?と思い、調べてみたところ…

 

付長押(つけなげし)」というらしい。

 

元々は、和室に取り付けるデザイン目的の木材らしいが、最近では、ハンガーを掛けたりする目的で和室にも付いているとの事。

※ただし、押しピンなどを差して傷つけることはダメで、下記のようなフックを使用する必要があります↓

ネジ止めカモイ掛け(ワイド) H-387
最安値・レビューをチェック

かもいフック

最初、私も知らずに押しピン刺そうと試みましたが、硬くて刺さりませんでしたけどね。

付長押に洋服を掛ける

フックを4個取り付けました。ん~便利!

この記事のURLをコピー

関連情報

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。