モップの掃除用に!コードレスの小型掃除機(HC-E202)レビュー

ハンディー掃除機(HC-E202W)

さっと取り出して使える便利な掃除道具「モップ」。

しかし、集めるほこりが多くなると、段差や道中で溢れだしたり、集めた後のゴミの処理が面倒なのが難点。

そこで、モップ用にとコードレスのハンディークリーナー(HC-E202W)を購入しました。

TWINBIRD(ツインバード) コードレスハンディクリーナー サットリップ ホワイト HC-E202W
最安値・レビューをチェック

これがあれば、モップにくっついたほこりも吸い取って掃除できますし、集めたホコリもさっと回収することができます。

ハンディークリーナーでホコリを吸い取る前と後のモップ

最近、ダイソンやレイコップのような高級ハンディクリーナーも人気なので、そちらを購入しようかとも思いましたが、この安いので十分でした。

ただし、値段が安い分、欠点はあります。

まずは、吸引力。

モップにくっついたホコリを取ったり、床に落ちたゴミを吸引する分には問題無いですが、カーペットやじゅうたんの中にまで入り込んだゴミをとる力はありません。

あとは、充電時間。

満タンに充電しても、15分位しか使えませんので、このハンディー掃除機だけで掃除するのは厳しいでしょう。

音は普通のハンディークリーナー並です。

掃除機よりは少し小さいですが、静かでもないです。

重さは少しありますが、長時間持って掃除するわけではないので、特に気にはなりませんでした。

昔は、掃除機を使って掃除していましたが、一人暮らしだと、掃除する時間が夜遅くなりがちで、うるさい掃除機を使うのは、気を使うので辞めました。
それに、引っ張りだすのが面倒だし、フローリングに傷が付きますしね。

クイックルワイパーなんかも試しましたが、あっというまにシートは無くなるし、値段も高かったです。

そして、行き着いた先が、この「モップ」でした。

この記事のURLをコピー

関連情報

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。