『フレッツ光』工事完了後にプロバイダ契約を行う手順

プロバイダ

「フレッツ光の契約したんだけど、インターネットの接続設定してくれない?」

とお願いされ出向いたが、プロバイダの資料が無い・・・。

なんと、プロバイダの申し込みをしていない模様。

後からでも電話でプロバイダ契約が可能

とりあえず、サポートデスクに問い合わせると、「今からでも契約できるし、withフレッツとして請求も一緒にできる」との事で、そのまま電話で申し込みを行った。(契約者が傍にいないと、個人情報保護の関係で手続きはできない)

プロバイダによって何が違うのか

その際、「プロバイダはどこにするのか?」と尋ねられます。

このプロバイダは、現在で10社もある中から選ばないといけないのだが、サポートデスクの担当者がどれが良いなどを教えてはくれない為、あらかじめ、「どこのプロバイダにするか」を決めておくと良いです。

プロバイダによって違うのは「値段」

値段が高いから接続スピードが速いとか、接続の安定してるということはなく、メールアドレスが初期で2個付いてるといったサービス内容が違うだけ。

キャンペーン等で値段は様々なのだが、今回は月額料金が最も安い「ASAHIネット」にしました。(本来、BB.exciteが最も安い値段だったのだが、途中加入はできないとの事)

「ASAHIネット」は、料金が安い分、メールアドレスが一個も付いておらず、メールアドレスが必要な際は、別料金が必要との事。

プロバイダのメールアドレスは不要

しかし、メールアドレスサービスは不要だ。

今はもう、「○○○○.excite.co.jp」といったアドレスを使うよりも、GmailやYahoo!メールなどのオンラインメールを使う方が主流です。

それに、オンラインメールであれば、メールが溜まっていき、パソコンの容量が足りなくなる心配をしなくても良いし、何より、パソコンのハードディスクがクラッシュしても、他のパソコンからメールが閲覧できるという点で、バックアップの信頼性が高い。

また、お店などで使う場合は、ホームページのURLと同じ独自ドメインを使う手もありますしね。

無事、開通!

その電話で申し込みが完了すると、4~5日後にID・パスワードが記載された資料が届きます。

その資料を元に設定を進めればOKです。

この記事のURLをコピー

関連情報

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。