PSPを中古で買う前に注意したい『CFW』のこと

PSP本体

友人が中古のPSP(PSP-1000)を安く譲り受けたのだが、そのPSPでUMDからゲームを起動しようとすると、「このゲームをプレイするには、システムファームウェアのバージョン6.2以上が必要」と警告が表示され、ゲームが始まらないから何とかしてくれ!と相談を受けた。

ただし、CFWが導入されているから、公式アップデートはやめてくれ・・・と。

元の持ち主もなぜかCFWの事は良く分かって無いらしく、自分が対応することになってしまった。

とりあえず、導入されているCFWを確認しアップデート方法を調べてみるが、バージョンが乱立しすぎてて全く意味が分からない。

そうか、自分が最初にCFWを導入してから、もう5年以上は経つのか。

昔はできなかった本体でもCFW化できるようになったんだなー

さて、なんとか理解し、無事にアップデートすることはできたが、たしかにこれじゃ、何も分からない人にとっては大変な状況だ。

中古のPSPはCFW意外にも色々とリスクがあるので、「値段が安いから」「CFW導入の手間が省けるから」というメリットだけでなく、中古のデメリットもしっかり知識を付けて購入するのが良いかと思います。

PSPを中古で買う人の為のPSP比較.com

この記事のURLをコピー

関連情報

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。