iTunesやケーブルを使わずにiPhone5からPCへ接続して写真を送る

iphoneでdropbox

iPhoneからPC(パソコン)へ接続して写真や画像を送る際、わざわざiTunesが立ち上がるのが煩わしい!

接続ケーブルが無い!

そんなときにおすすめなのが、「Dropbox」を使った方法です。

今回は、私がホームページを管理しているお客さんから「ケータイに入ってる写真を毎月のホームページ更新に使って欲しい」と言われたことが始まりで、
毎回、パソコンとiPhoneをケーブルを繋ぐのも面倒だし、わざわざ写真を受け取るためだけにケータイを持って来てもらうのは申し訳ない。

Dropboxを使えば、ネット上で写真を共有できるじゃん!

ということで、お客さんのiPhoneにDropboxをインストールしてもらいました。

「Dropbox」は、インターネット上にファイルを保存できる無料のWEBサービスです。

これを使用することで、iPhoneから写真などの画像データを一旦、Dropbox上に預け、パソコンからそのデータを取り出すことができます。

Dropboxの説明図

使い方

まずは、iPhoneでDropboxのアプリをダウンロードします。

Dropbox – Dropbox

Dropboxアプリのインストール完了後、初期設定を行います。(※iPhoneで写真を撮ったら、自動で写真をDropbox上にアップデート機能は「OFF」でも良いです)

Dropboxアプリを起動し、右上の「・・・」から「+こちらからアップロード」を押し、アップロードする写真を選択して、「アップロード」ボタンを押すだけです。

あとは、パソコンから登録したアカウントでDropboxへログインすればOK!

この記事のURLをコピー

関連情報

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。