仕事部屋のドアにカギを付けてみた。賃貸の内開き式ドアレバーに付けられる簡単ロック

鍵を取付けた仕事部屋のドアレバー

学校・保育園が休みになったおかげで、子供たちのジャマが入り、仕事が捗りません。

そこで、仕事部屋に鍵を付けてみました。

買う前は「毎回、外すのが面倒かもな」と思ったのですが、全然そんなことありませんでした。

数回やれば、すぐ慣れます。

逆に、取り外せるほうが子供たちのケガの元にならないので良かったです(形状的に尖っているので)

ドアノブに引っ掛けた『かんたん在宅ロック』

ちなみに、紐を付けるところがあるので、使わない時はドアに引っ掛けておくと楽ですよ(紐は付属していません)

かんたん在宅ロックの取り付け手順

かんたん在宅ロック

黒いつまみを回して、プレートからパーツを外す。

プレートから取り外した黒いパーツ

ドアを開け、受け金具の所にプレートを差し込む。

ドアの受け金具に差し込むプレート

ドアを閉める。

これがロックの仕組みです。

プレートを挟み込むドア

黒いパーツをプレートに差し込むと、「カチッ」と段階的にロックされていくので、奥まで差し込んでロック完了です。

黒いパーツをカチッというまで奥に差し込む

でも、本当は鍵ごと交換したかった・・・

一応、鍵のサイズ(メーカーが一緒)なら、賃貸でもドアノブ交換できるみたいなんですが、

  • 取り付け、取り外しの手間
  • サイズに合うドアレバーを探すのが面倒(一応探してはみたんですが、ロック付きドアレバーの種類が少なかった)
  • 値段が高い(4,000円くらいする)
  • 反対側からコインで空けられる(鍵を差し込むシリンダータイプは更に値段が高い)

以上の問題で諦めました。

実際に部屋に鍵をかけてみた結果

さて、この簡単ロックを使ってみた感想ですが・・・

実は、仕事中はロックしていません。

理由は、鍵をしても、

「ドンドン」

「ドタバタ」

「ギャーギャー」

といった騒ぎ声は常に聞こえてくるから、あまり効果が無かったんです。

でも、買った意味がなかったのではなくて、しっかりと使わせてもらってます。

それは、仕事の休憩中。

「誰も入ってこれない」という一人になれる安心感をもたらしてくれました。

しっかり休息できるので、その後、以前よりも集中して仕事に取り組めるようになりましたよ。

この記事のURLをコピー

関連情報

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。