「文章を書きたくない」「文章が書けない」そんなときに読んで欲しい『バズる文章教室』

文芸オタクの私が教える バズる文章教室 (三宅香帆)

書きたいんだけど、書けない。

この苦悩って、味わった人にしか分からないでしょうね。

書く気はある。

でも、

何を書けばいいのか?

どう持っていけばいいのか?

内容がまとまらない、面白くない。

ネット上でアドバイスを求めても、「休みを取ればいい」とか「趣味で気分転換しろ」とか、聞き飽きた話ばかり・・・

もう散々です。

そういうことじゃないんだよ。

休みなんて取りたくないし、気分転換したいわけでもない。

「文章が書きたいんだよ!」って話なんです。

じゃ、なんで書けないのか?

たぶん、

「書く楽しみを忘れちゃってるから」

だと思うんです。

例えば、ゲームの話が分かりやすい。

ゲームの最初のステージで出てくる敵

もし、この最初に出てくる敵がめっちゃ強くて、ずっと倒せなかったら、ぜったい面白くないですよね?

だからゲームは、少しずつステージが進められるくらいの難易度にしておいて、プレイヤーが成長を感じるよう設計されています。

また、武器を用意する事で、さらにプレイヤーの強化を実感できる。

ゲームのキャラクターがアイテムを取った画面

つまり、何かを楽しむには『成長』や『強化』を感じることが必要なんです。

特に文章なんてものは、

「成長したのか?」「成長してないのか?」

めちゃくちゃ分かりづらい。

成長を感じないってことは、面白くないんだから、書けなくなって当然です。

じゃあ、どうするか?

ゲームと同じように、『文章を書く』ということに『成長(強化)』を感じればいい。

『バズる文章教室』には、文才がすごい人たちの、すっごい技がたくさん書いてあります。

文芸オタクの私が教える バズる文章教室 (三宅香帆)
最安値・レビューをチェック

読んでるうちに、

「あーこういう言葉の使い方してみたいなー」とか、

「こんな光る一文を書きたいんだよなー」って、

ぜったい思うはずなんです。

その気持ちは、新しい武器を発見したことに対する喜び。

つまり、それが『成長』だと思うんです。

だから、書けない時は、『書く方法』を探すより、『心がときめく文章』を読む方が早いかもしれませんよ。

この記事のURLをコピー

関連情報

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。