子供の運動会で自前のテントは本当に必要か?テントを買って増える苦労もあります。

テントだらけの運動会

今の運動会は、

キャンプ場かよ!

って思うくらいテントだらけ・・・

僕もはじめて小学生の娘の運動会に参加したときは、ビックリしたものです。

でも、あれだけ皆がテントを張ってるのを見ると、「自分もテント買わないといけないのかな?」なんて気がしてしまいますよね。

そこで、

「まだテントは持っていないけど、テント買った方がいいのかな~」

と悩んでる人に向けて書いてみようと思います。

結論から言うと、

テントはあった方が良いけど、余計な苦労も増えます。

テントがあった方が良いと思う理由

テントの日陰

テントが活躍するのは、やはり日差しの強い日。

最近、運動会シーズンが晩夏になったとはいえ、猛暑の日もあります。

そんなとき、日陰を作ってくれるテントは本当にありがたい。

また、空から飛んでくる虫やゴミからもお弁当を守ってくれますし、子供の出番がない待機時間・お弁当を食べる時、快適な空間を作ってくれます。

テントを買って増えた苦労3つ

1.場所取りの早起きが辛い

テントを持っていなかった頃は、場所取りする必要が無かったんです。

いつも適当な木陰で涼んでましたから。

ところが、テントを持つと、場所取り合戦に参加しなくてはいけなくなります。

  • 娘の小学校は、場所取りできるのが当日の朝6時から
  • 息子の保育園は、場所取りできるのは前日の夕方6時から

「別に競技を近い場所で見たいわけではないし、グランドから離れてる場所でもいいや」

「ちょっとくらい遅くても、少しは空いてるでしょ?」

なんて気を抜いてると、さー大変!

テントを張る場所はあっという間になくなってしまいます。

みんな、6時前から場所取りの為の大行列を作ってます。

そして場所取りが終わったら、一度帰って、また運動会が始まる頃に戻ってくる。

朝5時台に起きて、夕方まで続く運動会、なかなかハードですよ・・・

2.テントの準備・片付けが面倒

大変なのは、場所取りだけではありません。

テントを張る場所が確保できたら、今度はテントを広げなければいけません。

これが意外と面倒。

支柱を立てて、固定釘を打って、テントをかぶせて、その下にビニールシートを敷いて、ビニールシートを固定して・・・

「なんで朝っぱらから、ダルい体で、こんな肉体労働をしなくちゃいけないんだよ~」

って、ついつい愚痴も出てしまいます。

しかも、作業するのは自分一人。

だから、テントは一人でも設置できるワンタッチタイプのテントがいいです(2人で設置する方がもちろんラク)

フィールドア ワンタッチタープテント サイドシート付き
最安値・レビューをチェック

オススメは、サイドシートが付いてるやつ。

サイドシートが付いてないと、まだ太陽が低いとき、天井のシートだけだと影がズレてしまって、

「うちのテント、隣の他人に影作ってんぞ・・・」

みたいな感じになっていまいます。

隣の人に影を作ってしまうテント

色は、『緑色』や『青色』のテントを選んでる人が多いです。

わが家は『白色』のテント。

白いテントの人はあまりいないので、子供たちに居場所を教えるとき、

「あそこの白いテントにいるよ」

と言えば、すぐ伝わるので便利です。

でも、わざわざ汚れが目立つ白いテントを選ぶ人は少ないかもしれませんね。

3.テントの持ち運び大変

テントって、持ち運びも大変なんです。

わが家のテントは平均よりも少し小さめのサイズ(2m×2m)ですが、それでも重さは『10kg』あります。

そして、テントを収納するバッグは長い形状なので、すごく持ち歩きにくい。

僕の家から小学校までは、歩いて約15分掛かるので、まぁまぁ重労働です。

車で運べたら楽なんですが、うちの小学校では車での運搬は禁止。

おそらく、校門前が渋滞して、一般車に迷惑が掛かるからでしょうね。

しかし、この日も禁止されているのにも関わらず、校門前に駐車して荷物を降ろそうとしている人たちがいました。

すぐに学校の先生たちが注意しに行きましたが、それに気付いて急いで荷物を降ろす始末。

気持ちは分からなくもないですが、それはやっちゃダメでしょー

「車を使わずに、なんとか楽にテントを運べる方法はないものか?」

思いついたのは、『キャリーカート(キャリーワゴン)』

カートがあると、テントだけでなくお弁当類も一緒に入れて運べるようになります。

キャリーワゴンに詰め込んだ荷物

しかも、意外と軽い力で引ける。

例えば、園児3人乗せても、女性一人の力で引けるくらい軽いです。

このカート、特に小さい子供がいる家庭におすすめ。

歩き疲れて泣きじゃくる子供も、このカートに乗せれば一発で泣き止みます。

抱っこして帰るよりも、断然楽!

運動会だけじゃなく動物園とかにも使えるので、もしテントを買うなら、カートも一緒に買っておくといいですよ。

キャリーワゴンに乗った子供

ということで、「子供の運動会で自前のテントは本当に必要か?」でした。

たしかにテントは便利ですが、「本当にテントが必要かどうか?」は、「場所取りやテントを準備する苦労に耐えられるかどうか?」が判断材料になりそうですね。

この記事のURLをコピー

関連情報

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。