【プラレール】レールがはまらない、あと少しだけ届かない・・・ってときの便利パーツ

あともう少しレールが長ければ届くのに・・・

微妙に届いてないプラレール

凹凸が反対なら、ピッタリはまるのに・・・

オス同士のプラレール

レールが長すぎるよ・・・

長すぎるプラレール

カーブがうまく噛み合わないな・・・

カーブが噛み合わないプラレール

プラレールって、

「何度レイアウトを組み直しても、うまく繋がらない!」

ことってありますよね。

そんなとき、おすすめのパーツがあります。

とにかく困った時は、今から紹介する2種類のパーツを使ってみて下さい。

今までよりも格段にレイアウトが組みやすくなりますよ!

形を自在に変えられる『まがレール』

プラレール R-23 まがレール

クネクネと自在に形を変えられるレールです。

直線にもカーブにも使えます。

そして、最大の注目ポイントが「分解できる」こと。

ブロックを外していけば、思い通りの長さに短くすることができます。

まがレールを分解

まがレールをもう一つ購入して繋げれば、長くすることだって可能です。

凹凸変換パーツ(1/4直線レール)

凹凸変換パーツ(1/4直線レール)

プラレール R-20 1/4直線レール(3種各3本入)
最安値・レビューをチェック

正式な名称は『1/4直線レール』で、パーツは長さの微調整に使用します。

しかし、一番使いどころは、レールの凸(オス)と凹(メス)の変換です。

オス同士やメス同士でレールが向き合ってしまったときに使用します。

特に効果を発揮するのが、情景パーツを使う時。

例えば、このサウンド駅。

操作側を外向きにしたいのに、レールの組み合わせ内側に向いてしまう時があります。

こんなとき、この1/4直線レールを使えば反転させることができます。

プラレールのサウンド駅を1/4直線パーツを使って反転

値段も安いのですし、プラレールやるなら一つは必ず持っておきたいパーツです。

以上、「プラレールでレールがはまらない、あと少しが届かない・・・ってときの便利パーツ」でした。

この記事のURLをコピー

関連情報

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。