「プラレールのパーツは中古で買わない方がいいな・・・」と思った理由

お店に並ぶプラレールの中古パーツ

キレイな見た目にダマされてはいけない!

  • シュリンク包装できれいに見えるだけ
  • レールの接続部分が緩くてガバガバ
  • 車両のモーターが劣化してて遅い

こんな感じで、見た目は良いけど、状態は悪い中古パーツが売られてることもあるんです。

シュリンク包装できれいに見える中古パーツ

プラレールの中古トンネル

中古のプラレールパーツに一つずつ丁寧なシュリンク包装しているお店もあります。

これが、意外とやっかい。

パッと見は、キラキラしてて、意外と中身がキレイに見えるんです。

で、家に帰ってビニールを取ってみると、

「なんか汚いな・・・」

ってなることがあります。

汚れたプラレールのトンネルパーツ

拭いてもとれないクレヨン?のような線と、細かい傷がたくさんついてました。

ただ、レイアウトに組んでしまえば、忘れちゃうというか、気にならなくはなります。

最初から「汚い」って分かってて安く買うなら別にいんですけどね。

あとで気付くと、なんか騙された気分で嫌な気分になります。

レールの接続部分が緩くてガバガバ

桟橋の上に乗ったレールの接続部分

頻繁に取り外しが行われたのか?

それとも、強引に引っ張って取り外したのか?

たまに、接続部分がガバガバになっているレールがあります。

ちょっと衝撃を与えただで、すぐ外れてしまうので、めちゃくちゃだるい。

特に桟橋ブロックを使って高い位置にレールを敷いた時。

桟橋ブロックを使うと、車両が走る時の衝撃も大きいので、緩い部分がすぐ外れて崩壊していまいます。

レールの緩さは見た目で判断しづらいので、中古品は特に注意が必要です。

モーターが劣化してて、スピードが遅い中古の車両

スピードが遅いプラレールの車両

プラレールの車両はそれぞれスピードが違うのですが、なぜかやけにスピードが遅いものがあります。

原因は、おそらくモーターの劣化。

もちろん、電池を交換しても、直るものではありません。

しかし、一応動く。

購入したお店にも「不良品ですよ」とクレームは言えないくらい微妙な遅さなんでよね。

他の車両と一緒に並べて走らせると、明らかに遅いのがわかるのですが・・・

なお、お店によっては、ジャンク品扱いで返品出来ない場合もあります。

そもそも、相場が高いプラレールの中古品

プラレールの情景パーツ『サウンド駅』

定価の4分の1くらいの値段で売ってある中古のパーツなら、状態が悪くても、「失敗したなぁ~」で済むんですが、プラレールのパーツって中古でも結構高い。

僕の周りの中古ショップでも、だいたい定価の半額くらいが相場です。

それだと、もう少しお金を出せば、ネットショップで新品が買うちゃう値段になるんですよね。

例えば、『サウンド駅』だと、中古なら1,000円ぐらいですが、ネットショップで見ると1,400円台で売ってるところもあります。

ただ、送料が掛かるのがネックですが・・・

よっぽど値段が安いとか、廃盤になったパーツの場合は中古品もありなんですが、やっぱり中古品はそれなりのリスクがありますね。

この記事のURLをコピー

関連情報

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。