ウェブノコエ

宮崎県在住のアラサー男子がニッチすぎる情報ばかりを提供中。祝!月間50,000アクセス!

【検証】レトロゲームやるなら、ミニファミコンよりDSの方がコスパ良い説~

      2016/11/14

レトロゲームやるなら、ミニファミコンよりDSの方がコスパ良い説

先日(2016年11月10日)、「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」というのが発売されました。

昔のファミコンのデザインをそのままに(大きさはちょっと小さい)、あらかじめ、30本のファミコンソフトが収録されたものです。

定価は、5,980円(税別)。

「ちょっと高いなぁ~」って気もしますが、結構売れてるらしい。

実際、品薄になっていて、Amazonでも「10,000円」以上の高値で取引されています。

たしかに、このラインナップを全て実際のカセットを買って揃えようとすると、結構な金額になります。

そこで、それぞれのカセットにいくらの価値があるのか?試しに調べてみたところ、こんな感じでした↓

ミニファミコン収録ソフトの中古価格(楽天)

ファミコンカセットの中古価格相場2

スーパーマリオブラザーズ/マリオブラザーズ/ドンキーコング/アイスクライマー/エキサイトバイク/ロックマン2 Dr.ワイリーの謎/ダウンタウン熱血物語/バルーンファイト/イー・アル・カンフー/パックマン/魔界村/グラディウス/ソロモンの鍵/つっぱり大相撲/スーパーマリオブラザーズ3/ファイナルファンタジーⅢ/ギャラガ/ドクターマリオ/アトランチスの謎/星のカービィ 夢の泉の物語/ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会

ファミコンカセットの中古価格相場1

ゼルダの伝説/メトロイド/悪魔城ドラキュラ/リンクの冒険/忍者龍剣伝/マリオオープンゴルフ/スーパーマリオUSA/ダブルドラゴンⅡ ザ・リベンジ/スーパー魂斗羅

合計:30,970円(※2016年11月13日調査)

本来なら、この価格に本体代がプラスされるわけですから、ミニファミコンはなかなかお得な感じがします。

でも、このミニファミコン、昔のカセットを差し込むことができません。

遊べるのは、最初に収録されているソフト30本だけ。

それだったら、ニンテンドー3DSや2DSで、ダウンロード版のレトロゲームを買った方がお得かもしれませんよね?

それでは、比較してみましょう。

ニンテンドーDSダウンロード版ソフトとの価格比較

ソフト名 ミニファミコン ニンテンドーDS 差額
スーパーマリオブラザーズ 800円 462円 338円
マリオブラザーズ 1,080円 462円 618円
ドンキーコング 1,040円 462円 578円
アイスクライマー 1,380円 462円 918円
エキサイトバイク 450円 567円 -117円
ロックマン2 Dr.ワイリーの謎 1,580円 462円 1,118円
ダウンタウン熱血物語 1,100円 462円 638円
バルーンファイト 1,200円 462円 738円
イー・アル・カンフー 600円 462円 138円
パックマン 580円 462円 118円
魔界村 920円 462円 458円
グラディウス 670円 462円 208円
ソロモンの鍵 680円 462円 218円
つっぱり大相撲 500円 462円 38円
スーパーマリオブラザーズ3 500円 473円 27円
ファイナルファンタジー3 500円 なし
ギャラガ 750円 462円 228円
ドクターマリオ 480円 370円 110円
アトランチスの謎 540円 462円 78円
星のカービィ 夢の泉の物語 700円 567円 133円
ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会 980円 473円 507円
ゼルダの伝説 2,280円 473円 1,807円
メトロイド 1,960円 462円 1,498円
悪魔城ドラキュラ 1,730円 462円 1,268円
リンクの冒険 1,020円 462円 558円
忍者龍剣伝 980円 462円 518円
マリオオープンゴルフ 340円 462円 -122円
スーパーマリオUSA 680円 462円 218円
ダブルドラゴンⅡ ザ・リベンジ 1,270円 462円 808円
スーパー魂斗羅 3,680円 462円 3,218円
合計 30,970円 13,549円 16,921円

ファイナルファンタジーだけありませんでしたので、それを除き、ニンテンドーDSのダウンロード版でミニファミコンのラインナップを揃えたときの合計額は!

合計:13,549円

これに、ニンテンドーDSの本体代がプラスされます。

もし、レトロゲーム目的でDS本体を買うなら、ニンテンドー2DSがちょうどいいと思いますよ。

ニンテンドー2DSは、最新の「new ニンテンドー3DS」から立体映像機能を省いた一万円で買える低価格モデルです。

僕も先日買いました。

検証結果

ミニファミコンの合計額は、本体代込で「5,980円」。

ニンテンドーDSのダウンロード版ソフトで、ミニファミコンの収録ソフト全て揃えた場合は、本体代込で「約24,000円」。

ニンテンドーDSをすでに持っていて、ダウンロード版ソフトを12本しか買わない場合は、「約6,000円」。

ニンテンドーDSなら、これ以外のレトロゲームも遊べるし、3DSのソフトも遊べます。

これは、好みによって変わりそう。

ただ、ミニファミコンの方がお得感は高いですし、懐かしい気持ちで遊べるミニファミコンの方が満足できそうな気がします。

ってことで…

説立証ならず!!(やっつけw)

 - レトロゲーム