ウェブノコエ

宮崎県在住のフリーランス。WEBサイト制作・プログラミング・パソコン周りの情報を発信します!

Adobe CC(Creative Cloud)価格が高いけど導入した理由

      2017/03/16

Adobe CC
月定額プランの「Adobe Creative Cloud」。
常に最新バージョンのアドビソフトが利用できる料金システムですが、
パッケージ版のDreamweaver・Photoshop・イラストレーターを持っている人からすれば、
そう易々と乗り換える気にはなりません。
だって、古いパッケージ版でも十分使えるんですから。

僕も相当迷いました。
ここ数年は悩んでいたと思います。

ところが最近になって、お客さんからある要望が増えてきてて、
その依頼を受ける為、ついに「Adobe CC」を導入することにしました。

その要望というのが「動画」

「ホームページに動画を載せたい」とか「動画を編集してほしい」とか、
動画の仕事を頼まれることが増えてきたんです。

ビデオカメラが手ごろな価格で購入できることになったことや
ニコニコ動画やユーチューバーの影響もあるのでしょうかね。
ここにきて一般の人たちの動画に対する敷居がだいぶ低くなってきたように感じます。

そこで、色々な動画編集ソフトの体験版を使ってみたところ、
最も直感的に使いやすく動作も軽かった「Adobe Premier Pro」を導入することに。
ってゆーか、パッケージ版の販売が廃止された以上、
もうクラウド版を契約するしか選択肢がないんですよね…

しかも、Premier単体だと2,180円する為、
どうせならと「Creative Cloud コンプリートプラン(4,980円)」を契約しました。

全て最新版になったことだし、イラレやフォトショの機能を色々と試してみましたが、
随分と変わってる点も多いですねー
まだまだ使いこなすには時間が掛かりそうです。

あと「typekit」というフォントサービスがいい!
契約するまで知らなかったのですが、モリサワのフォントもあるんです。
「リュウミン」や「UD新ゴ」など有名な書体も揃ってます。
今のところウェイトも一種類だけで、日本語書体はまだまだ数が少ないですが、
これから充実していくだろうし、今後に期待ができそうです。

しかし、今からウェブデザインとかアート系に進みたい学生にはいいよなー
アカデミック版なんか激安でしょ!

 - イラストレーター, フォトショップ